経済的逆境と、逆転的発想、そして・・・

a0051221_1842896.jpg 


 私が、この男の下に弟子入りを申し込んだとき、すでに特務機関の存在意義は薄れつつあった。

 発足当初こそ、元老院並びに国王の密命を受けていたとは言え、彼には忠誠や信仰といった言葉とは無縁である。自分に対する保険とばかりに、元老院側の醜聞や王宮内部のスキャンダルも、同時進行で捜査していったのである。
 対立する両者の間を、情報を武器に立ち回っていた。
 双方に有益な情報を流しつつ、弱みを握るというやり方で。

 たちの悪い二重スパイを、あからさまに演じていたのだが、己の身を守りつつ任務を遂行するために、やむをえない選択だったともいえる。そしてその結果、国王や両院の思惑を超えて、歴史的な和解を達成してしまったのである。

 しかし、これは言い換えれば砂上の楼閣。
 今後もしっかりとした情報収集を行い、つねに両院や王宮の監視を続けなければ、いつまた破綻を来たすとも分からない。
 そのためにも、組織の維持は必要条件である。

 だが、問題は維持費である。

 私が湯水の如く使う消耗品に加えて、装備品への投資が必要不可欠であった。
・・・・・・そんな余裕は、既に無かったのである。
 お互い、経済感覚は鈍かった。

 そんな時だ、遥か東方の異邦人、奇妙な商人が現われたのは。
a0051221_18434169.jpg
赤傷薬は~
 いかがでござるか~
正規品がなんと~
 2割引でござるよ~
加速剤に蝿の羽も~
 あるでござるよ~


 気の抜けるような声で道具を売り歩くその男の名は、備中長船といった。長船一門といえば、天津では名のある職人集団である。何でも、免許は受けたものの、大陸の刀剣に興味を引かれ、単身渡来したのだという。

 しかし、でござる。
 この国では、
  自分で作った武器は
   自分で売らなければならないでござる。
 商売の基本を学ばなければ、
  工房を持つことすら出来ないのでござるよ。
   不思議な国でござるよ、にんにん。



a0051221_185231.jpg


 昔は、黄金の国と言われ、
   そこに住む原住民はゴジャール族と呼ばれていた。
 今は、国同士の交易が開かれ、
   交流も深まってきてはいるが、
  実際に天津人を見るのは初めてだった。
a0051221_18522457.jpg



 この出会いが、師リチャード・ベントラーの転機となった。

 調査機関としてさまざまな組織の間を渡り歩く我々が、クルセイダーである必然性が無いことに、この時ようやく気がついたのである。
 組織としての影響力、独自性と独立性を強く保持するに至った今、更なる飛躍と利便性を求め、師リチャード・ベントラーはロザリーを外し、私に留守を託して消えていった・・・

 そして数日後、
 元老院特務観察室長、
   リチャード・ベントラー大佐は、
 退役十字軍元大佐・商人、
   リチャード・ベントラーとなって帰ってきたのである。
a0051221_18545042.jpg

 もっとも、冒険者の宿・ベントラー亭の開業は、
     まだまだ先の話であるが。
[PR]
by fellmer_folkgein | 2005-12-18 19:04 | 王国正史・フェルマー伝
<< 廃坑に眠りし、何かを求め・・・ 元老院特務監察室の誕生 >>